「目の錯覚大賞」発表 – The Best illusion of the Year Contest -

best_illusion_of_the_year_contest
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末、フロリダ州セントピートビーチで、「目の錯覚大賞」The Best illusion of the Year Contestが発表されました。
このコンテストは、世界中の錯視研究コミュニティの創意工夫と創造の祭典だそうで、出場者は、新たな錯視を発表して、投票によりその順位を決めるそうです。
以下は、トップ3に選ばれた錯視絵です。
ずっと見ていると気分が悪くなるので、ご注意を。

第1位

The Dynamic Ebbinghaus

Christopher D. Blair, Gideon P. Caplovitz, and Ryan E.B. Mruczek
University of Nevada Reno, USA, USA

中央にある円は、それを囲む円の拡大縮小につられて大きくなったり小さくなったりしているように見えますが、実は同じ大きさのままです。

第2位

Flexible colors

Mark Vergeer, Stuart Anstis, and Rob van Lier
University of Leuven, UC San Diego, Radboud University Nijmegen, The Netherlands

Orthogonal-Colors

複数の色が使われたカラー画像であっても、黒い枠を重ねるとその内側は同じ色にみえると言う錯視です。
上の例で言うと、2色のラインが格子状に並んでいる画像の上に、黒い枠を重ねると、その枠内は同じ色に見える。そうです。
ちょっと分かり難いんですが、離れて見たりすると、確かに黒枠内は同じ色に見えたりしますね。

※本サイトにはその他3種類の例が掲載されています。

第3位

Kimberley D. Orsten and James R. Pomerantz

Rice University, Houston, TX, USA

こちらは、親切に説明が付いているのでわかりやすいのですが、同じ形状のものであっても隣接する対象物によっては、同じものに見えないという錯視ですね。

その他、4位以下は下記をご覧ください。

2014 Finalists | Best Illusion of the Year Contest
http://illusionoftheyear.com/cat/top-10-finalists/2014/

本当は、昨日公開しようと思ったんですが、見ているうちに気分が悪くなりまして。
こういうのを日夜研究している人をほんとに尊敬しますです。はい。

それでは、今日はこのへんで。ごきげんよう。

end
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment.